大阪府社会福祉協議会主催の「広報研修会(情報発信編)」講座に登壇

大阪府社会福祉協議会様からのご依頼で、インターネットを使った「広報研修会(情報発信編)」の講師をしてほしいとご依頼がありました。

お客さま

・社会福祉法人向けのインターネット広報の講座をしてほしい。
・ニーズはあるものの、どんな講座にすればよいかわからないので、企画から相談させてほしい。

・オンライン(Zoom)でワークも入れたい。
・2日間にわけて、1日目の終わりに課題を出し、2日目に可能な限り全員に講評をしてほしい

上記のご相談に対し、企画や講座の構成を一緒に考えていきました。

  • 各市の社協によって、広報に使っているツールが異なる(Facebook,Twitter,Instagram,YouTube、何もなしなど)
  • 参加者によって、経験年数が異なる(初心者から数年来の経験者まで)

というオーダーをいただき、インターネット広報の必要性、各SNSの違い、発信のコツ、コンプライアンスなどを盛り込んだ講座として募集を開始。30名の定員はあっという間に埋まり、満員御礼の開催となりました。

ひとくちに社会福祉法人といっても、高齢者、児童、障がい者、社協など、参加者の携わる事業、広報の目的(採用・利用者募集・寄付募集など)、広報でお使いのツールも異なります。
そこで、各法人で使っているツールや経験年数を考慮したグループに分けワークをするなど、互いの施策について情報交換できるような配慮もしながら講座を組み立てました。

受講者アンケートより

講座理解度
4.8

「インターネットを用いた広報の講座」の募集でしたが、一部紙の広報誌の講座だと思って参加された方がいらっしゃったこともあり難しいと感じた方もいらっしゃったようでした。(募集要項には、もう少し明確に対象者の条件や目的を記載いただいたほうがよいかもしれません。)
それ以外のインターネット広報の講座だと思って参加された方にはおおむね好評だったようで下記のようなご意見をいただきました。

具体例がありわかりやすかった
研修の案内では、もう少し固い内容かと思っていましたが、具体例をたくさんあげてくださり、とてもわかりやすく説明してもらえたのでよかったです。ありがとうございました。
読者を意識する大切さを学んだ
自己満足の情報発信にするのではなく、画面の向こう側にいる読者をきちんと明確にし、要点をしぼって発信をすることが大切だと痛感しました。
講師の声かけが良かった
質疑応答やグループワーク中にも講師の方が声をかけてくださったので、疑問は適宜解消しながら研修を進めることができたため、研修内容をしっかり理解することができました
個別の添削がありよかった
自作したブログを詳しく添削下さったり、他の事業所の方の作成したものも拝見できたのがとても良かったです。