ウェブサイト構築・運用支援の料金目安

前職含め20年以上のウェブサイト運用・開発、マーケティング、準認定ファンドレイザー®の知見を活かし、NPO団体、社会福祉法人、一般社団法人、学校法人などの非営利団体に、ウェブサイトの新規構築・リニューアルのお手伝いをいたします。
要件ヒアリング・企画からディレクション・本番リリースまでお任せいただくことも可能ですし、ご予算やニーズに合わせ下記で必要なメニューのみご利用いただくこともできます。初期費用無料の制作会社のご案内も可能です。

※下記料金の目安となる新規構築・リニューアルのサイト規模は、10~15ページ程度のWordPressサイト、お問い合わせフォーム1つ程度の実装を想定しています。サイト規模やシステム開発の有無、リリースまでの期間などにより料金は変動します。

マーキテクトのウェブサイト関連業務の料金の目安

サイト課題分析
35,000円~
Google Analyticsのログ分析
ユーザー目線での課題洗い出し(ヒューリスティック分析) などを行います
    企画・要件定義
    60,000円 ~
    サイトで実現したいこと、運用の状況や課題をヒアリングし、ペルソナやユーザーシナリオ作成、サイト新規構築・リニューアルの企画をいたします。
      ディレクション・進行管理
      60,000 円 ~
      公開希望日に合わせて無事リリースできるよう段取り・調整する窓口となります。* マーキテクトが信頼するパートナーにご依頼いただく場合の価格です。
      WordPressへの原稿流し込み
      60,000円 ~
      WordPressでテーマ「SnowMonkey」を利用する場合に、FIXした原稿・素材画像の流し込みも承ります。
        更新手順書作成
        20,000円 ~
        WordPressをご利用の場合、ボランティアやインターンの方でも作業しやすいよう、更新の簡易マニュアルを作成いたします
          大量リンクチェック
          20,000円 ~
          サーバー移行後のブログ数百件など、大量にあるページのリンク切れをチェックしご報告いたします。

            初期費無料*の制作会社をご紹介可能です。

            非営利団体の場合、WordPress×テーマ「SnowMonkey」を使ったウェブ制作プラン 「ウェブサイト活用サポート」 を初期費無料*でご案内いたします。このプランは東京の制作会社 H2O spaceの提供するもので、 マーキテクトが窓口としてお話を伺う場合のみご利用いただけるプランです。

            H2O space の「ウェブサイト活用サポート」プラン概要

            サーバー・WordPressセットアップ
            初期費用0円 *
            非営利団体かつマーキテクトからの紹介の場合のみ
            • 自由にコンテンツを作成いただけます
            サーバー・SnowMonkey利用料・保守料込
            月額3,850円
            H2O space指定のサーバーを利用した場合の価格
            • 更新を自由にしていただけます

            * H2O space 指定のサーバーの利用契約(3,850円/月)をされる場合、「ウェブサイト活用サポート」プランの 初期費が無料となります。指定のサーバー以外の利用の場合は初期費用が33,000円かかります。

            「ウェブサイト活用サポート」プランの使い方例

            例1:セットアップ・構築費0円で自力構築

            WordPress 操作やWebサイト構築の経験のあるスタッフが団体内にいらっしゃる場合は、 WordPress やSnow Monkeyのセットアップを H2O space が無料で準備、そのあとはテスト環境にて自力で構築いただくことができます。わからない操作があるときだけマーキテクトやH2O spaceに相談することができます。「技術はあるが予算がまったくない」、「時間がかかってもよいので自分たちでやってみたい」というお客様におススメです。(テスト環境利用開始月から、サーバー利用料金はかかります)

            例2:セットアップ0円・企画・設計・ディレクション・構築はマーキテクトに依頼

            「WordPress 操作や サイト設計、コンテンツ作成に自信がない」、「自信はあるが時間がない」といった場合は、マーキテクトが企画・設計し、どんな原稿にしていくかをディレクションします。(「ディレクション費用」をかける意味について解説した記事もありますのでご覧ください)
            そして「ウェブサイト活用サポート」を利用してコンテンツの流し込み等をお手伝いいたします。
            「原稿を書くのが苦手」という場合は、たたき台作成も承ります。マーキテクトの作業費用については上記「マーキテクトウェブサイト関連業務の料金の目安」をご覧ください。

            「ウェブサイト活用サポート」プランQ&A
            Q
            H2O spaceの提供するサーバーを利用するメリットは?
            A

            3,850円/月の月額料金には、サーバー利用代・SnowMonkeyのライセンス料(通常年額16,500円 )が含まれており、WordPressのバージョンアップやセットアップ時にインストールしたプラグインの更新作業をH2O spaceが代行しています。また、操作などでわからないことがある際にメール等で相談が可能です。
            WordPress の更新作業を忘れがち・更新時の不具合が怖い、自分でいじりたいが相談相手がいない、というお客様におススメです。

            Q
            サーバーを変えずにH2O spaceのウェブサイト活用サポートを利用したいんですが・・・
            A

            はい、可能です。ただしH2O spaceの作業費として初期費用33,000円がかかります。まずは要件をお伺いしますので、お問い合わせ窓口よりまでお気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。

            Q
            H2O spaceのウェブサイト活用サポート を利用するときに、マーキテクトに企画やディレクションを依頼するメリットは?
            A

            マーキテクトはさまざまな団体のウェブサイトの企画・ディレクションを行ってきた経験や準認定ファンドレイザーとしての知見をもとに、課題の整理や目標達成のための視点をご提案します。目的とスケジュールに合わせたサイト制作のお手伝いが可能です。

            Q
            H2O spaceのウェブサイト活用サポート を使って マーキテクトにディレクションなどを依頼する場合、契約や支払いはどうなるのか
            A

            以下の2つからお選びいただけます。
            ①企画・要件定義・ディレクションはマーキテクトと契約・支払い
            ②マーキテクトへの支払い分もまとめて「Web制作」として、H2O spaceと契約・支払い
            ※カスタマイズが少ない場合などは、 H2O space の作業分もマーキテクトへまとめてお支払いいただくことも可能です。

            Q
            H2O spaceはどのような会社?
            A

            東京の制作会社です。代表の谷口氏は、プログラミング等の著作多数、動画もYouTubeUdemyで数万人のフォロワー・利用者がいる人気講師です。
            谷口氏は動画講義や教育に力を入れているため、新規のウェブ制作の依頼は現状原則お受けしていないのですが、マーキテクト経由の非営利団体による、「ウェブサイト活用サポート」プランであれば対応可能です。

            ウェブサイト支援/活動事例

            さらにウェブサイトの事例を見る